代表者プロフィール

1009-似顔絵.jpg

遠藤祐二.JPG

  業務提携契約専門の行政書士

 マスター行政書士事務所代表

略歴・保有資格・趣味・特技

【略歴】

 

1967年 東京都中野区生まれ

1985年 横浜翠嵐高校卒業。

1989年 中央大学法学部法律学科卒業

1989年 NTT入社

    料金回収、システム販売営業を得て、マレーシアでのインテリ

    ジェント ビルディングシステム構築プロジェクトに3年半従事。

    現地での支店設立、契約交渉、各種事業ライセンス/政府優遇

    措置取得のための関係当局との 交渉業務を一手に行い、プロ

    ジェクト終了後、支店を閉鎖して帰国。 帰国後も2年間に渡り、

      海外・国内のライセンスビジネス契約交渉を手掛ける。

2001年 東京特殊電線株式会社入社

    法務担当として、海外/国内の契約交渉サポート。

      年間100件以上の販売店/代理店契約や特許技術等のライセンス

      契約交渉を取りまとめる。 また海外現地法人設立及び各種事業ライ

    センス/政府優遇措置取得のための関係当局との交渉業務

    3年間従事。

2004年 アルゼ株式会社入社

    同社製造のスロットマシーンをネバダ州ラスベガスを始めとした

    カジノホテルに販売するためのライセンス取得のための関係当局

    との交渉業務およびコンプライアンス業務に2年間従事。

2006年 スミダコーポレーション株式会社入社

    中国、台湾における合弁会社設立、M&A、ライセンス契約、

    共同開発契約交渉を多数手がける一方、国内に おける

    ライセンス契約交渉サポート業務に3年間従事。

2010年 行政書士試験に一発合格。マスター行政書士事務所を開業。

 

 

【保有資格】

     ・行政書士

     ・知的財産管理技能士2級

     ・ビジネス実務法務検定2級

     ・マイケルボルダック認定プロコーチ

     ・スピードコーチング社認定コーチ

     ・日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー

     ・国際航空貨物取扱士

     ・貿易実務検定B級

     ・TOEIC930点

     ・日商簿記3級

     ・第2種衛生管理者

     ・税務会計能力検定3級

 

    

【趣味】

     ・フルマラソン

      ⇒次は3時間30分を目標タイムにしてます

     ・ゴルフ

      ⇒ベストスコアは90。今は100も切れません (^^;)

     ・旅行

      ⇒タイ、マレーシア、インドネシア等東南アジア好きです

     ・読書

      ⇒潜在意識、心理学系が大好き!

     ・セミナー参加

      ⇒マーケティング、潜在意識、心理学系が大好き!

     ・飲み会参加

      ⇒一滴もお酒は飲めませんが。。。

 

【特技】

     ・マレーシア語を少々。。。

 


・どんな事務所か写真で見てみたい⇒こちらをご覧ください
・まずはサービスの概要/特徴を知りたい⇒こちらをご覧ください
・契約書作成の実際の流れを知りたい⇒こちらをご覧ください
・サービスの内容/費用について知りたい⇒こちらをご覧ください

・担当者に連絡が取りたい⇒こちらへどうぞ!

海外/英文契約業務との出会い

私は、大学は法学部にいましたが、
全く法律の勉強をしませんでした。

大学2年からは、教科書も買いませんでした。

自分の出版した著書を教科書に使い、全く理解できない
小難しい話を90分間モゴモゴと話し続けるだけで
飯を食っている法学部の大学教授がたまらなくイヤらしく
感じられたのです。

もともと、親、先生、学校、チーム、法律、ルール、お金
といった何か周りをコントロールするような、「権威」と
感じられる存在には意味もなく嫌悪感を感じいつも反発する
タイプでしたが、大学時代にそれは修復不可能がぐらい
固まってしまいました。


その後、私はなんとなく大学を卒業し、
なんとなく当時のNTTに就職しました。

新入社員研修後、配属されたのが
電話料金回収担当。

大学時代あまりに何もしてこなかったため、
そのハードな業務について行くのがやっとでしたが、
なんとかこなしていました。

 

電話料金回収担当時代のブログ

 

入社7年目にもなると、本社に転勤になり、
その後転機が訪れました。

 

マレーシアにあるテレコムマレーシアという電話会社が
新本社ビルを建てるので、そのインテリジェントビルディング
システムの設計・構築を
NTTが受注したのです。

すぐに社内にプロジェクトチームが組まれ、
多くのエンジニア達がマレーシアに派遣されました。

 

その当時NTTはまだマレーシアにビジネスをできる拠点を
持っていなかったため、すぐに法人を設立する必要がありました。

 

そこで、なぜか私に白羽の矢があたり大勢のエンジニア達に交じって
一人法務/総務/雑用担当として派遣されることになったのです。
  

 

What is NTT? NECの子会社か?

 

と聞かれるぐらいその当時はNTTは国際的に無名でした。

そんな中で現地の弁護士、公認会計士、会社登記代行会社の
スタッフ
と協力しながら、支店設立、プロジェクトに必要なライセンス
取得交渉、
顧客/下請業者との契約交渉、物品の輸出入/通関、
関税/法人税
の免税/減税申請・交渉、支店運営、現地スタッフ採用、
ワーキング
ビザ取得などなど。。。

日本でもやったことのない様な法律業務が次々と降りかかっています。
それを現地の専門家に聞きながら、必死にこなしていきました。

 

マレーシア滞在時代のブログ

 

でも楽しかったのです。
 

大学時代、私の嫌悪感の対象でしかなかった法律が、実は自分の感情を
縛り付け害するようなものではなく、こんなにもプロジェクトのメンバーの
心の支えになること。こんなにも人を幸せにすること。そして多くの人
の命運を左右するくらい重要な役割を担うことを初めて体感しました。

 

毎日使命感に燃え本当にワクワクして仕事をしてました。
何日も徹夜しても全然平気でした。

 

「自分はこれから海外/国内の法律業務を一生やって行きたい!!」

 

と強く決意した瞬間でした。


その後、3回転職し結局上場企業4社で勤めましたが、
転職の際にエージェントに伝えるキーワードは必ず、


「海外法務のスキルを求めている会社にしてください!」


でした。 

10年以上言い続けたキーワードなので
自分には海外法務が天職なのだと
本当に心の底から思います。


その思いは、独立した今も全く変わっていないようです。 


お客様から、「ちょっと英文の契約の件で・・・」と言われる
だけで、本当に心の底からワクワクする自分がいますもの^^ 
IMG_1473.JPG 

私が英文契約書サポートに拘る理由

私の他にも契約書作成サポートをされている士業の先生
はたくさんいらっしゃいます。

でも私の場合、基本的に業務提携に係る契約サポート以外は
お断り
しています。

そして、業務提携に係る契約サポートの中でも
英文契約書のサポートに最も力を入れてやっています!


プロフィールにも書きましたが、私は上場企業4社で業務提携契約
のサポートばかりを13年間にわたって行ってきました。

その間、優れた技術を持っている小さな中小企業との業務提携
契約も、たくさん手がけました。
例えば東京の大田区の町工場の
ような中小企業との契約です。

そして、世界に誇れるような素晴らしい技術をもちながらも
業務提携契約の知識がないばかりに不当に利益を搾取
されてしまう小さな会社
をたくさん見てきました。

中国人、インド人、アメリカ人は本当に交渉上手
いつも彼らに詐欺同然で不利な条件を押し付けられて
しまう日本企業をたくさん見てきました。 


こんなことで良いのだろうか?



私はいつしかそんな疑問を抱くようになりました。


そして、

このままでは本当に日本はダメになる!


と心の底から感じました。

今や日本の物づくりは中国やインド等の安い人件費に
押され日本の優位性はなくなっています。


優れた技術や開発力

それだけが日本に残された最後の希望ではないでしょうか?

その優れた技術や開発力を支えている日本の中小企業
のお役に立つ
こと。

膨大な資金力や法律知識を有している世界中の企業に
負けないように英文の業務提携契約のサポート
をすること。

そしてWin-WInな業務提携契約を数多くまとめあげる
ことで日本企業の成長・発展をサポート
すること。


そんな仕事をしてみたい!と思い、英文の業務提携契約サポート
に拘っている
のです(^^)

HP-1.jpg 




・まずはサービスの概要/特徴を知りたい
  こちらをご覧ください

・契約書作成の実際の流れを知りたい
  
こちらをご覧ください

・サービスの内容/費用について知りたい
  こちらをご覧ください

・担当者に連絡が取りたい
  こちらへどうぞ!
 

事務所へのアクセス方法が知りたい
  こちらへどうぞ!

▲このページのトップに戻る